尾道市で、自己所有の実家や空き家を民泊事業として利活用されたい方へ

弊法人では、尾道市副業としての民泊事業をされたい方向けの役所の手続き代行サービスを行います。民泊行政書士による事前調査、保健所・消防署関係機関への照会・事前相談、民泊コンセプトに沿った資金調達方法の提案、申請書作成・申請代行等、民泊に関するすべての手続きにおいて、お忙しいあなたに変わって手続きを代行致します。

また、尾道市に空き家がある、誰も住んでいない実家が尾道市にある、手放したい家が尾道市にあるなど、広島県、山口県、岡山県など中四国近隣の出張民泊手続き代行サービスも可能です。

民泊開業までのロードマップ

1(民泊行政書士による)事前調査

ⅰ ヒアリング・物件調査(内見)
ⅱ 物件契約前事前調査(登記簿・マイソク・図面等確認)
ⅲ 関係機関への照会・相談(保健所・消防署相談予約)
ⅳ 該当物件の調査報告(家主居住型・家主不在型等床面積・設備等の可否)

2(管轄保健所・消防署への)事前相談

ⅰ 保健所への事前相談(上乗せ条例・ローカルルールの確認含む)
ⅱ 消防署への事前相談(該当物件に必要な消防設備の確認)
ⅲ 物件の契約
ⅳ 事業計画作成(コンセプト作りと資金調達)

3(民泊行政書士による)民泊届出書類作成

ⅰ 住宅宿泊事業届出書の作成(オンライン申請等)
ⅱ 公的書類等の取得
 ➀ 個人の場合・・・身分証明書(破産者でないことの証明書)
 ② 法人の場合・・・登記簿・定款謄本
ⅲ 住宅の登記事項証明書
ⅳ 住宅の計測及び図面作成
ⅴ 転貸承諾書の入手
ⅵ マンションの管理規約のコピー
ⅶ 管理委託契約(家主不在型・家主居住型6部屋以上)
ⅷ 届出番号通知及び標識受領

4 コンセプト作り

ⅰ インテリアコーディネーターへの相談
ⅱ 家電・家具・Wi-Fiの用意
ⅲ 小物・生活雑貨類の用意
ⅳ 部屋、外観の撮影
ⅴ Airbnbへの登録
ⅵ ハウスマニュアルの作成
ⅶ 周辺地域への周知
ⅷ 営業開始

5 定期報告

ⅰ 宿泊者名簿の作成
ⅱ 定期報告(二ヶ月に一回)

代行手数料

個人の民泊手続き一式20~40万円(税別)
法人の民泊手続き一式30~50万円(税別)

お問い合わせ